スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

四つ角飯店 の 餃子

今回はレストランの話ではありません。

立川に住んでいる人なら常識でしょうけれど、
四つ角飯店 では、5 のつく日は、餃子半額 なんですよね。

もちろん、餃子半額デーは知ってはいましたが、今まで食べる機会が無く・・・
ちょっと前の 5 の付く日にやっと餃子を食べることができました。

四ツ角飯店、お店の外観はこんな感じ。
なんだか中華屋を舞台にした昭和のホームドラマに出てきそうな店舗です。
骨董的美しさがあります。
うそです。
でも、「1日3食」としないで「1日1食」としているところが好きです。

1006_gyoza_01-1.jpg

5のつく日(5日,15日,25日)は、餃子の日で、一人前 158円です。
水餃子の日は、「店内で宜しくお願い致します」なのです。
なかなかのセンスです。見習いたいものです。

1006_gyoza_02.jpg

ぼくは、生で4人前買ってきて、家で自分で焼きました。
下の画像は、これで、2人前分です。

1006_gyoza_03-1.jpg


餃子自体は、わりと大きめですね。
さて、お味のほうですが・・・

ニンニクがきいたガツンとくるタイプ、ではなく、
肉汁じゅわーとくるタイプ、でもなく、
・・・あっさりとしたタイプの餃子でした。

「 すっごいおいしー!」とか、
「 あの餃子が食べて―!」とか、
ぼくにとっては、そういう状態になってしまうような味ではありませんでした。
でも安心の味で食べて―とはならなくても、また食べよ。と思う味です。
なにしろ昼間からビールを飲み、300円ちょっとで幸せな気持ちになれるのはいいですね。
私がスケールの小さい人間だからでしょうか。




たまたま店の前を通りかかったら、5の付く日だったので、また買ってみました。
今度は、3人前です。

s-1008.jpg

158円って、安いよね!

スポンサードリンク


スポンサーサイト

イタリアンレストラン トレモンテ <Tre Monte> で ランチ

今日は、こちらのでのランチをご報告。

イタリアンレストラン トレモンテ <Tre Monte>

1007_TreMonte_10.jpg
※ 店内の写真は、撮影しにくかったので、ぐるなびのトレモンテさんのページからお借りしました。




うちのおくさんの誕生日記念のランチです。
うちのおくさんの場合、誕生日などのお祝いは一週間から十日にわたって続きます。
一週間前の鎌倉小旅行を皮切りに、このランチがしめとなります。

トレモンテ Tre Monte さんは、5周年記念ということで、
『 5th 特別限定ランチコース 』(\ 3,000)をいただきました。

◆ 旬のお薦め冷前菜

カンパチとカツオにいろいろと難しいものを混合した何かをかけています。
とてもおいしかったです。

1007_TreMonte_01.jpg

◆ パスタ

おくさんがたのんだのは、イカスミのやつで、ぼくがたのんだのは魚とカニと青トマトのやつです。
どちらもなかなか凝った味付けです。イカスミのパスタは色も手伝ってヒジキのような感じでした。

スタンダードなパスタと比べてうまいか?というと、そうでもない気もしますが、
記念日などにふさわしい、レストランらしい一品と言えるでしょう。

1007_TreMonte_02.jpg

1007_TreMonte_03.jpg

◆ パン

とてもおいしいコーンパンでした。
なくなるとどんどんくれます。4分の1カットですが、3つずつ食べました。
もう一個もらうと形的に落ち着いた状態になるのですが、そんな理由でもらうのも気が引けるのでやめました。

1007_TreMonte_04.jpg

◆ 窯焼きピッツァ

パスタとピザをどちらかでなく、どちらもだったので、これはどえらいことになったと心配していたのですが、ごらんの通り小型のピザです。
ピザというよりパン屋さんのお総菜パンに似ています。
イワシのピザがとてもおいしかったです。

1007_TreMonte_05.jpg

◆ メインディッシュ

おくさんはイベリコ豚、ぼくは白身の魚です。
このような場合豚がおいしいのは分かっているのですが、交換して両方の味を味見したいので違う種類を頼みます。
やはり豚がおいしいのです。半生でちょっとこわいですが安全なのでしょう。

しかし、フレンチにせよイタリアンにせよ魚がうまい!という店はほとんど記憶にありません。
ホタテがうまいはありましたが。魚類はやはり和なのですなぁ。

おくさんは、「いべり子豚」といって喜んでおりました。
幸せそうに子羊や子牛を食べます。

1007_TreMonte_06.jpg

1007_TreMonte_07.jpg

◆ デザート & 食後の飲物

デザートはちょっとイマイチ。
満腹に近い状態だろうから軽めのデザートを・・・という考えなのでしょうが、ちがうのですね。
満腹に近い状態の時に、喰ってみろ!といわんばかりの大量なデザートを出されると、何とも言いようのない幸せを感じるのが人というものではないでしょうか。
レストランもそこらへんの心理を学ぶべきかと思います。

1007_TreMonte_08.jpg

コーヒーは問題なくおいしかったです。

1007_TreMonte_09.jpg

ぼくたちが行った時、それほどお客さんはいませんでした。
立川はそれなりに栄えている割に、このような店があまりなくランチに困ることもしばしばです。
お客が少なくて店がなくなってしまったり、質が低下したりしないかと心配です。
平均点は間違いなく超えている店だと思うので、もっとお客さんが来るといいと思います。

スポンサードリンク


第二 いか天国 の 海鮮丼ランチ

海鮮丼を食べるのに、ぼくのお気に入りだった店が、最近、やっていないのです。
このままでは、海鮮丼が食べられません

・・・と、思っていたら、近所に、第二いか天国がオープンしました。
ランチに海鮮丼があるようなので、期待して行ってきました。

場所は、立川北口 ダイエーの隣の美容室の地下ですね。
前は、鶏の唐揚げがウリの居酒屋さんだったと思います。




第二 いか天国の入り口です。

1006_ikaten_01.jpg

こちらが、ランチのメニューです。

1006_ikaten_02.jpg

ぼくは、名物地魚丼 1,000円 を注文しました。
メニューの写真は、すごくおいしそうです。

1006_ikaten_03.jpg

来たのは、こちら。

1006_ikaten_04.jpg

おくさんは、お刺身定食 1,200円 を注文しました。
メニューの写真は、すごくおいしそうです。

1006_ikaten_05.jpg

来たのは、こちら。

1006_ikaten_06.jpg

たしかに、すべて地魚なのかもしれませんが、
全部白身のお魚オンリーで、見た目 とにかく地味~~~~。

白身のお魚のせいか、切り身はすべて、数mmほどの厚さで、透けるほどに薄ーい。

1006_ikaten_07.jpg




注文するときに、焼き魚とか煮魚のお魚の説明もなかったし、
あんまりランチに力入れていないのかも・・・

地魚丼もお刺身定食も、なんの説明もありませんでした。
ぼくは魚通ではないので、白身のお魚は、説明してもらえないと、分らない。
自分が食べたお魚の種類・・・たった一つも名前が分るものが無く・・・

ぼくは、庶民なので、
マグロとか、サーモンとか、ブリとか、イカ刺しとか、アジのタタキとか、そういう分りやすいお魚ののっかった海鮮丼のほうが、好きだなと思いました。

舌の肥えた、地魚通の人なら、楽しめるのかも・・・
または、その日によって、当たり外れがあるのかも・・・
イカ天国なら、イカ天丼なんかあるといいなぁ。

スポンサードリンク


イル キャンティ 立川店でピザとビール

立川の南口にあるイタリアンレストランの『 イルキャンティ立川店 』。
イルキャンティ立川店では、毎週月曜日のディナータイムは、ピザと生ビールが半額です。

ピザと生ビール目当てで、行ってきました。
いつものごとく、奥さんと二人です。

立川のイルキャンティは、1階と2階があります。
さすが、月曜日でピザ半額の日だからか、2階は予約で満席とのこと。
1階のカウンター席になりました。

当然のように、生ビールをオーダーします。
予定では3杯飲むつもりです。

パンは、勝手に出てきます。オリーブオイルに添えられているのは、アンコではなくて、玉ねぎのチャツネ?みたいなものです。おいしいです。
ちなみに、ぼくは、アンコが大好きです。
でてきたときは、ええっ、ここでアンコはないだろう、と思ったのですが、
アンコでないことがわかるとそれはそれでガッカリします。人間的なのです。

1006_iLChianti_01_20100630210844.jpg

イルキャンティといえば、ドレッシングが有名ですね。
なので、サラダもオーダーします。
やっぱり、おいしいです。チーズが良く効いています。

1006_iLChianti_02_20100630210843.jpg

そして、ピザです。シーフードのピザにしてみました。これは、L サイズ。
写真でみると、あんまり美味しそうにみえないなぁ・・・
おいしいですよ。
最近はやりのモチモチタイプのピザではなくて、薄ーいタイプのピザです。
ピザも3枚食べる予定です。

1006_iLChianti_03_20100630210843.jpg

しかしぼくは、小食なのです。
なので、これだけで、じつは結構、お腹一杯なのです。予想より大きなピザでした。

でも、せっかくなので、もう一枚食べます。
4種類のチーズのピザ M サイズ です。Lと言いたいところですが負けてしまいました。

これは予想外の、ちょいハズレでした。チーズ好きの人に、と書いてあったので
チーズ好きには少々自信のあるぼくとしては、頼まないわけにはいかなかったのです。
たっぷりとしたチーズの海のようなものを想像していたのですが、ちょっとささやか過ぎませんか?
ブルーチーズなど風味?という感じです。

イタリア人はこういう量で満足しているのかなぁ。刑事コロンボを見る限りそうは思えないけど。
ときどき出てくるチーズを食べるシーンでは、ぼくでも驚くほど、た~んとお皿に盛っていますけど。
ちなみにコロンボはイタリア系を前面に押し出したアメリカ人です。

1006_iLChianti_04_20100630210841.jpg

ビールはほんとうは一杯でよかったのですが、となりの若いOLの人たちが、後から来たくせに
ぐいぐいと一杯飲み干し、当たり前のようにお替りをしていたのを聞いて負けた気がしたので
がんばって頼みました。ほんとうは3杯の予定はもともと無理だったようです。

ビールはお替りしちゃったし、うーん、もうお腹いっぱい。
デザートは、食べられない。

やっぱり2人ではなくて、大人数の方が、いろいろ食べられていいかも。
生ビールとピザが半額ということで、お得な感じです。
お店の人も、親切でした。
今度は、友達も誘って、大人数で行こうかな。

おや? ぼくに友達はいなかったぞ。

スポンサードリンク


ダッキーダック 立川タカシマヤ店 の パスタランチ

ブログにアップするの忘れてました。かなり前の出来事です。すいません。

とってもお天気がよかったある日・・・、
うちのおくさんが 「ランチを 外で 食べた~い!食べた~い!」 と言い出しました。

立川でオープンエア―でランチが食べられるお店・・・を考えたのですが、エミリーフローゲとここしか思いつきませんでした。立川高島屋の9Fのガーデンテーブルズにあるダッキーダックです。

ダッキーダック 立川タカシマヤ店




屋外・・・といっても、狭いのですよ。
あと、煙草の煙がたまに漂ってきたりもしちゃいます。パラソルもくすんでいるし。
オープンエア用というより、喫煙席という方が当たっているかもしれません。
でも、お天気が良いので、気分はいいです。

1005_DuckyDuck_04.jpg

ダッキーダックの平日のランチは、パスタ と 飲み物 と、ケーキかサラダバー のセットになります。
ぼくとおくさんは、サラダのセットにしました。
ケーキはおいしそうなのですが、パスタとケーキだと、小麦のあとに小麦のようで
健康に悪くはないけど良くもない気がします。

さっそくサラダを取ってきました。
サラダは、1回しか取りに行ってはいけないのです。ちょっとケチくさいのです。
一回限りといわれると、不安に駆られて必要のない量を取ってきてしまいます。

左がぼくので、右がおくさんの。
山盛りに盛りに盛ったつもりでしたが、おくさんに負けた気がします。

1005_DuckyDuck_01.jpg

ここは、生パスタがウリなのですが、
生パスタって、すぐにブニブニになってしまうので、あまりぼくの好みではないのです。

これはおくさんので、えびと半熟卵のトマトクリームカルボナーラ。

こういうものに使われている、妙にぷりぷりしたエビ、シバエビなどというのでしょうか?
一向においしくありません。この店のモノがというわけでなくどこでもです。
なんでこんな味のないものが使われ続けるのかさっぱりわかりません。
おくさんはぷりぷりしておいしいと言っていますが、ぼくにとってはどちらかというと人工物のような印象です。

1005_DuckyDuck_02.jpg

こっちが、ぼくの。
たしか、マスポーネチーズのトマトソース。

1005_DuckyDuck_03.jpg

サラダを山盛りとってきたので、かなりお腹いっぱいになりました。

個人的には、ここのパスタは、あんまり好みでないのです。
ぼくは、芯が固めのパスタに、オイルでギトギトしていて、ニンニクがガツンとくるパスタが好きなのです。
ダッキーダックのパスタは、全体的に、やわらかい麺に、優しい味のソースです。
立地的に高島屋の買い物客、つまりある程度値段の張るものを変えるの年齢の女性客がが対象なので
これはこれで十分理解できる狙いなのでしょう。文句を言う方が間違っているのです。
これで980円なので、満足しなければなりませんでしょう。

いや、今考えてみるとものすごくお得な気がしてきました。
例えばこういうちょっとシャレたところでグラスビールを飲むとたいてい800円なのです。
そう考えるとうーん安い。ここのビールはいくらかな?今度飲んでみようと思います。

そのうち、オープンエア―で気持ちよくランチができるお店を、見つけたいです。

スポンサードリンク


プロフィール

nodama8

Author:nodama8
奥さんとムスメと3人で立川で暮らしています。
お手頃価格でのんびりゆっくり食事できるレストランが好きです。ランチが多いです。
お店の情報や感想は、ぼくが行ったときに感じたことで、実際には違っているかもしれません。また閉店しちゃったお店もあるかもしれません。
コメントはあくまで個人の感想です。

--- * --- * --- * --- * ---

コメントは承認制です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最近の記事+コメント
応援ありがとう!
rakuten

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。