スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルカンジュ(Archange)で ランチ

天気がよかったので、アルカンジュ(Archange)のランチに行ってきました。

お店は知っていたのですが、ちょっと遠いので、なかなか行く機会がなく。
今回が、初アルカンジュ(Archange)です。

天気がよかったので、屋外のテーブルが気持ちよさそうでしたが、
室内に案内されました。
どちらがいいかとは、聞かれませんでした。

1010_archange_00.jpg

飲み物は、コーヒーか紅茶(Hot or Ice)が選べます。
2人ともアイスコーヒーにしました。凝ったコーヒーではありません。

1010_archange_01.jpg

ランチのメニューは、アルカンジュ(Archange)さんのサイトのメニューを見てください。

おくさんは、フレンチ・ハンバーグを、
ぼくは、チキンフライの乗ったシーザーサラダをお願いしました。

パンかライスということで、パンをチョイス。
パンはたった2個しかくれません。ちょっと少ない気がします。
・・・が、そういう人は、+300円でパン食べ放題にできるようです。
近くのテーブルの男性客はほとんど食べ放題にしているようでした。
ぼくはうっかり食べ放題にすると、店長が気の毒なほどたくさん食べそうなので
遠慮することにしました。パンならたくさん食べれるのです。パンなら。

おくさんのサラダは、梅ドレッシング。
おくさんは梅が苦手なのか、一口ごとに、変な顔してました。
様子から察するにたぶん残すだろうから、あとでもらって食べようと思っていましたが
なんだか全部食われていました。

1010_archange_02.jpg

おくさんの フレンチハンバーグです。
ミディアムレアとのことですが、もっと火が入っている印象です。

良く言えば、上品な味です。
ステーキ・ハンバーグの専門店のものとはちょっと違いますが好みでしょう。

ぼく的にはこの店のような、最近よくある「いい肉を使ったハンバーグ」はあまり好きではありません。
素材を味わえというのでしょうか。つなぎや香辛料をできるだけ抑えて作ってあり、肉はあら挽き。
その結果妙にぼそぼそしたばらばらの肉の塊のような感じを受けます。
この肉はハンバーグにするしかないよなぁ、味の不足は香辛料でごまかそう、卵とミルクとパン粉でふんわりさせれば・・・といったハンバーグの方が旨いように思います。
ぼくはそもそもプラスティックのスプーンをくわえて生まれてきたのです。

1010_archange_03.jpg

ぼくのシーザーチキンフライ。
とてもおいしかったです。ランチサラダがある場合はぼくは間違いなくそれを頼むのです。
それはハズレが無いからです。このお店のもとてもおいしくいい選択だったと思います。
しかし不思議なことにぼくの後からテーブルについた人々は、ぼくのサラダを見ているくせに
ぼんやりと肉など食っています。気でも違っているのかと心配になりました。

1010_archange_04.jpg

入り口では、パンを売ってました。
何個食べると食べ放題料金のもとが取れるのかがすぐに分かってしまうので
お店の人は平気なのかなと思いました。ぜったいもとはとってやると思う人が多いのではないでしょうか。

1010_archange_05.jpg

この店は、犬がOK!です。
おくさんは、犬が好きでないので、びくびくしていました。

犬といってもほとんどが小型犬で、ちょっと残念です。
どうせなら巨大な犬を連れた人が隣に来て食べている横で肘が当たるくらいのところに
犬の顔があるとおもしろいのに。

あと驚いたのが1200円でワイン10種類飲み放題とのことです。
ぼくはワインがあまり好きではないので頼みませんでしたが
大学生のころ友達とこういう店を発見していたら、どえらいことになっていたと思います。
大勢で押し寄せて置いてあるワインを全部飲んで大騒ぎするでしょう。
最近の若い人は、お行儀がよいのでそんな蛮族のようなことはしないのでしょうね。



スポンサードリンク


スポンサーサイト

立川フレンチ Restaurant 27 で ランチ

久しぶりに、フレンチのレストラン Restaurant 27(レストラン ヴァンセット)へ、
おくさんとふたちで、仲良しランチに行ってきました。結婚記念日なのです。
この店は事前に何らかの記念日と伝えて、3150円以上のコースを頼めば、
花束などのサービスがあります。
でも、今回は何を食べるか決めていかなかったのでサービスは辞退いたしました。

日曜日だったせいか、予約で満席の看板が。
以前は吉祥寺などと違い立川のレストランは、予約なくフラッと入ってOKだったのですが
最近は人気店の場合、予約なしは苦しいようです。
立川もだんだん都心化してきたようで
地元民としてはうれしいような、おもしろくないような不思議な気分です。
ともあれ
Restaurant 27(レストラン ヴァンセット)へ行くときは、予約をした方がいいですね。

ここは、テーブルセッティングが、可愛らしいのです。
こんなです。
この大きいガラスのお皿などは
小さいスープカップを乗せるだけで役が終わりです。スープを下げると同時に下げられました。
この大きい皿はこの立場に満足しているのでしょうか。そうは思えません。
ちょっとかわいそうです。

1010_restaurant27_01.jpg

おくさんは、季節のコース 3,150円、
ぼくは、本日のコース 2,100円。

画像は、すべて、左が季節のコースのお料理、右が本日のコースのお料理です。
まずは、小さいスープから。
おくさんはニンジンのポタージュ、ぼくのはかぼちゃのポタージュ。
ぼくの勝ちのようです。
1010_restaurant27_02.jpg

前菜は、盛り合わせ。
おくさんのはホタテと牛タン。ぼくのはマスとチーズ風味の一口サイズのパン。に何かをはさんだもの。
バーガーという感じではない。野菜のサラダは共通。
1010_restaurant27_03.jpg

メインは、おくさんは、仔鴨の黒胡椒とはちみつ焼き。
おくさんは、『仔』の字がつく肉が好きなのです。(仔豚とか、仔牛とか、仔羊とか・・・)
甘い味付けのソースに黒コショウがアクセントとなっておりなかなかのものです。
レストランならではの料理です。
ぼくのは、仔羊の煮込み。これはよくあるやつでちょっと後悔。
おいしくないわけではないです。
1010_restaurant27_04.jpg

デザートは、洋ナシのタルト。
以前来た時は、どーんとでっかいデザート単品で圧巻だったのですが
少々おとなしくなっておりました。
外国のレストランなどで、最後にあきれるほどの甘さと量のデザートが出てくるのに対して
日本のおまけのような、ケチくさく甘さ控えめのデザートには常々不満を持っていただけに
ぼくはこのお店の以前のデザートのファンだったのですが、仕方ありませんね。
1010_restaurant27_05.jpg

最後の飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティーなどから選べます。
ぼくはエスプレッソ。おくさんは紅茶。
1010_restaurant27_06.jpg

立川では指折りの雰囲気のいいお店です。何かの記念日などには最適です。
また2100円のコースなどずいぶんコストパフォーマンスも良いです。
コースを一通り食べ終わるまで1時間40分もかかったのですが、
これでは1000円ランチで客を3回転くらいさせたほうが
店にとってプラスなのでは?などと心配してしまうほどです。

なかなかよい結婚記念日でした。
こういう軽ーく気取っていくくらいのお店がどんどん増えるといいなぁ。
なんだかマンションばっかり建ちやがるぜ。

スポンサードリンク


プロフィール

nodama8

Author:nodama8
奥さんとムスメと3人で立川で暮らしています。
お手頃価格でのんびりゆっくり食事できるレストランが好きです。ランチが多いです。
お店の情報や感想は、ぼくが行ったときに感じたことで、実際には違っているかもしれません。また閉店しちゃったお店もあるかもしれません。
コメントはあくまで個人の感想です。

--- * --- * --- * --- * ---

コメントは承認制です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
最近の記事+コメント
応援ありがとう!
rakuten

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。